爪を見ればシリカ不足が分かる。

爪によるシリカ不足のチェック方法を紹介!

あなたは健康状態を知るには爪を見れば分かると聞いたことがありませんか?
一般的にはキレイなピンク色の爪であれば健康状態良好となります。

 

健康不良の時には爪の色が白っぽくなるといわれます。
また爪の生え際には三日月状の白い色があり、この量が多いと良いなどといわれたりもします。

 

爪を詳細に観察すると、縦縞が入っていたり、でこぼこしていることに気付く方がいるかも知れません。

 

私もそのような状態を感じたことがあるのですが、これは要注意です。

 

爪に縦じまが入っている主な原因は老化現象や乾燥・栄養の偏りなどです。

 

私も以前縦じまができており、治そうとクルームを塗るなどいろいろ試してみましたが、なかなか改善できませんでした。

 

正直体の不調の印なので、そんな小手先のケアでは治せないのです。
根本原因の改善が必要なわけです。

 

なんとこれはシリカ不足を体が予告している危険信号なのです。
また爪が割れやすい場合も同様ですので注意しましょう。

 

爪の縦じまを治す

 

爪の縦じまの原因は下記のとおり。

 

  • 老化現象
  • 乾燥
  • 栄養の偏り

 

老化現象は体のあらゆる部位に生じます。
爪の縦じまも老化なのです。
乾燥や栄養不足で爪がもろくなり爪に縦じまができてしまいます。

 

そしてこれはシリカ不足の合図であり、水溶性シリカを摂取することで、総合的にアプローチができます。

 

水溶性シリカは体のあらゆる身体の組織を構成する栄養素です。このため当然爪にも有効なわけです。
水溶性シリカは爪に限定せず、髪、皮膚、血管、骨などあらゆる細胞組織に有効な効果を発揮してくれます。

 

紹介したように爪をチェックすることで簡単にシリカ不足を感じることができますので、縦縞や爪表面のでこぼこ、爪が割れやすいなどの症状を感じた時には是非水溶性シリカを摂取しましょう。

 

水溶性シリカを効率よく簡単に摂取する方法としておすすめなのが「のむシリカ」、霧島天然水です。

 

霧島天然水のむシリカは奇蹟の水といわれています。
この奇蹟はまさに霧島連山の大自然のなせる技です。
幾多の噴火によって作られた地層に、雨水が何百年もの歳月をかけ地下100mの地下水脈に到達して完成したのです。

 

実際このように希少ミネラルを豊富に含んでいる天然水は世界でも類をみないそうです。

 

この霧島天然水を使用して作られたミネラルウォーター「のむシリカ」はその命名にふさわしくなんとシリカの含有量は驚きの1リットルあたりシリカ97mgです。

 

奇蹟の水、霧島天然水で作ったのむシリカを詳しく見てみる

 

関連コンテントを参考にする