シリカは水溶性シリカでなければ効果なし

シリカの最も効果的摂取方法を紹介!

現在、日本でもシリカは徐々に人気が高まりブームになりつつあります。
あなたもシリカ人気を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

シリカとはケイ素の英和表現。
最初私もシリカがケイ素のことであると知りませんでした。
現在はシリカのほうが商品名などでも多く使用され、馴染み深くなっていますね。

 

シリカは人の体内では作ることができません
このため何らかの摂取方法により体内に入れてあげなければならないのです。

 

しかも水溶性シリカでなければ吸収されず効果がありません。
さて摂取手段としてサプリが良いのか?それともミネラルウオーターなどが効果的なのか考えていきましょう。

 

サプリ一つインターネットで見ても膨大な量のシリカサプリメントがヒットします。
そして当然のごとくみんなこれが効きますと主張しています。
何を基準に選べば良いのか迷ってしまいます。

 

特に日本は外国と違い、厳しくサプリメントのルールを規定していないため、このような現象が起こってしまいます。

 

シリカは自然界にはあふれるほど豊富に存在しています。
なんとマグマ層の内部まで含めれば地球本体の6割はシリカでできているのです。

 

しかしシリカは水溶性シリカでなければ効果なし

部位別大人ニキビ

 

シリカが最も多く含まれている物質が石英です。
そしてその結晶が水晶なのです。

 

水溶性シリカ簡単に作ることができません。
仮に水晶を砕いてパウダー状の粉末にした場合、シリカの本来の効果が期待できるのでしょうか?

 

サプリメントの中には実際そのような商品もあると聞いたことがありますが、シリカを微粉末にしただけでは体内に吸収されません。
従ってこのような商品では胃腸を通過して排世されてしまうだけで終わりです。
ほとんど効果を得ることはできないと思います。

 

何度も言いますがシリカは水溶性にしなければ吸収されないのです。
とても大事なポイントですのでしっかり理解しましょう。

 

水溶性シリカの作り方

 

  • 原料の石英(水晶)を摂氏1700度以上の高温で加熱して気化させます。
  • 発生したガスを回収して、ナトリウムに吸着させます。
  • ここで物質的には液体になります。
  • これを特殊な籾殻のフィルターを通してろ過し、不純物を取り除きます。
  • 純粋に溶かす事で水溶性シリカが出来上がります。

 

水溶性シリカは水に溶け込みやすい性質をしており、加熱しても変性しないため、
サプリメントやミネラルウォーターなど様々な用途で利用されています。

 

このように原料の石英(水晶)から手間暇かけて水溶性シリカを作り出すわけですが、もし自然に水溶性シリカができていればすばらしいですよね。

 

このすばらしいことが実際に起こったのが霧島天然水です。
まさに霧島連山の大自然のなせる技です。
このように希少ミネラルを豊富に含んでいる天然水は世界でも類をみないそうです。

 

この霧島天然水を使用して作られたミネラルウォーター「のむシリカ」はその命名にふさわしくなんとシリカの含有量は驚きの1リットルあたりシリカ97mgです。

 

実際のところ、添加されたミネラルは、体に吸収されにくい為、大自然で溶け込んだミネラル豊富な天然水がオススメなのです。

 

また水素を例にとっても、添加した水素でなく、天然でイオン化された水素なので、フタを開けっ放しにしたり、沸騰させても抜けないのです。

 

こんな驚きの水があったんですね!

 

驚きの水、霧島天然水で作ったのむシリカを詳しく見てみる

 

のむシリカの関連コンテントを参考にする。