シリカの驚くべき効用を紹介

ミトコンドリアと活性酸素とシリカの関係を紹介

ミトコンドリアはシリカと深い関係を持ちます。

 

ミトコンドリアは1つの細胞に100〜数千個も存在するといわれています。
人間の細胞は約60兆個といわれていますから、ミトコンドリアの数は恐るべきものとなります。

 

ミトコンドリアの働きは、活動に際したエネルギーのほとんどを作り出すといわれています。

 

ミトコンドリアの特徴は細胞の種類によって存在する数が異なることです。
エネルギーをたくさん消費する臓器の細胞ほど多く存在することが確認されており、休むことなく動き続ける心臓や脳細胞には特に多くミトコンドリアが必要となります。

 

ミトコンドリアと活性酸素の関係

 

ミトコンドリアはエネルギーを作るために大量の酸素を消費します。
この時どうしても活性酸素が発生します。

 

ミトコンドリアが健康で問題なければ、酵素を用いて活性酸素を中和して被害を抑えます。
しかし加齢などの理由で中和の働きが衰えると活性酸素が増え出し、悪影響が生じ始めます。

 

ミトコンドリア内で発生した活性酸素は、ミトコンドリア自身を傷つけます。
このためエネルギーを作る力が衰えてしまいます。

 

ミトコンドリアはあらゆる臓器に存在するため、エネルギーの供給の衰えから心臓であれば拍動が弱まり、消化器では消化吸収に支障が起きます。筋肉で起きれば運動能力が低下し、脳なら考える力が落ちます。
このように各種臓器で影響が生じ、機能低下を招く事態となります。

 

ここで注目されるのがシリカです。
シリカは抗酸化力のある栄養素であるとともに、肌、血管、関節、骨など全身を構成する成分です。

 

このためシリカを補給することで、ミトコンドリアの修復、再生をはかる効果が期待出来るのです。

 

シリカの抗酸化作用

 

心筋についで、脳は大変エネルギー消費の大きい臓器です。
全体エネルギーの2割は脳が消費するそうです。

 

そして当然のごとく脳神経にはミトコンドリアがびっしり詰まっています。
ミトコンドリアによる活性酸素発生の対策として、シリカの抗酸化作用が注目を浴びているそうです。

 

活性酸素の増加は老化や時として難病の原因にもなります。
脳内での活性酸素の増加が難病である、認知症やパーキンソン病などの脳神経疾患と関わりがあると考えられてもいます。

 

そしてこれらの難病を予防、改善するために、年齢と共に低くなってしまう抗酸化作用を補う栄養素として、現在シリカがスポットライトを浴びて注目されています。

 

このようにシリカは現在いろいろな効用が確認され、医学界や美容界など各種専門分野で注目の話題成分なのです。
ただしこんな注目成分のシリカですが体内では作ることができないという問題があります。
このためシリカを含んだミネラルウオーターなどから自分で飲んで摂取するしかないのです。

 

私が飲んで効果を感じているシリカ入りミネラルウオーターのむシリカを紹介しておきます。

 

霧島天然水のむシリカ