霧島天然水のむシリカは中硬水、飲みやすく栄養素が多い

軟水・中硬水・硬水の硬度の違いによる特徴を紹介

ミネラルウォーターの説明をしているとすぐ軟水・硬水の話しが出てきます。
みなさんこの硬度の違いって分かりますか?

 

多分違いなど理解できている人は稀でしょう。
そこで今回分かり安く説明しますので、特徴など覚えてしまいましょう。

 

硬度は水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量で決まるんです。
多ければ多いほど硬水、少なければ軟水というたったこれだけの基準なわけです。

 

(カルシウム量mg/l×2.5)+(マグネシウム量mg/l×4)=硬度

 

となります。

 

それでは順番に違いなどを見ていきましょう。

 

ちなみに霧島天然水のむシリカは中硬水です。
正直シリカ水はほとんどがこの中硬水。

 

軟水

 

硬度 0〜100mg/L 未満

一番飲み安いです。軽い口あたりです。
このため若干物足りなく感じることもあるかもしれませんが、日本人はほとんどが軟水に慣れており、軟水を好む傾向があります。

 

このためコンビニで売っているペットボトルもその多くが軟水のようです。
しかし多少地域性の特徴はあります。
関東地方で摂れる水の多くは軟水です。
このため富士山の名水も軟水ですね。
また東京の水道水も軟水ですね。
ただし大量の塩素が含まれますよ。

 

まろやかで、甘みも感じられます。
でもミネラルが少ないという特徴があります。

 

中硬水

 

硬度 100mg以上〜300mg/L以下

 

飲みやすく栄養素が多いのが特徴。

 

日本では軟水と硬水の間の硬度の水を中硬水と分類しています。
軟水と硬水両方のメリットを合わせ持つのが特徴。
軟水の軽さと硬水の飲みごたえをちょうどよく調和させてスッキリとした味わいが人気です。

 

軟水に慣れている日本人でも違和感少なく飲むことができるようです。
のむシリカは、飲みやすい中硬水です。

 

硬水

 

硬度 300mg/L 以上

 

栄養素が多いが飲みにくいと感じてしまう人が多い。
確かに飲み心地は重く硬く感じます。
マグネシウム量によっては苦味を感じてしまうのも特徴です。

 

日本は土地的に軟水が多く、みなさん慣れていないので敬遠されがち。
実際体質に合わず体調不良を訴える人もあるようです。

 

便秘の下剤などで使われたりもしますね。

 

部位別大人ニキビ