シリカは大丈夫?安全性を徹底解析!

シリカの危険性・副作用を徹底暴露

シリカとはケイ素の英名の名称のことです。
商品名などでも多く使用され、シリカの表現が一般化しています。

 

シリカ(ケイ素)とはどんなものなのか?
まだまだ知らない人も多いのではないでしょうか。

 

まだ全てが解明された物質ではありません。
しかし研究するほどに驚くべき効果が判明し、今まさに水溶性シリカはブームを巻き起こしている物質です。

 

サプリメント業界や美容業界そして医療現場ではすでに大きなムーブメントになりつつあります。

 

シリカは、

現代人が抱える数多くの健康問題を解決し、原因不明の難病を治療できる可能性を秘めた画期的な物質

として期待が高まっています。

 

シリカは地球上で酸素に次ぐ2番目に多い元素です。
自然界では土や岩などに含まれる鉱物(ミネラル)の一種であり、地球そのものといえる主要成分です。

 

ちなみに宇宙まで目を広げると、宇宙全体では一番多いのが水素、地球の大気中に最も多くいのが酸素、地殻に最も多く含まれるのがシリカで約3割を占めます。

 

なおマントルや核など地球の内部まで含めれば、約6割を占めるともいわれます。

 

あらためて地球に目を戻し見て見ると
酸素49.5%
シリカ25.8%
アルミニウム7.56%

(クラーク数より)

 

シリカは鉱物であり、ミネラルの一種。
太古の昔の藻類が化石となってできたものがシリカです。
藻類の中でも珪藻と呼ばれる植物性プランクトンが化石となったものです。

 

シリカの種類

 

シリカは「鉱物性」と「植物性」の2種類に分類されます。

 

鉱物性シリカ
  • シリカは石英の結晶である水晶から取り出されます。
  • 鉱物性シリカは「結晶性」と「水溶性」に分かれます。
  • 水溶性シリカは水晶を1700度以上に加熱することで気化させ、工業的に製造されます。

 

植物性シリカ
  • 植物性シリカとは植物に含有されているシリカのことです。
  • 植物は地殻からシリカを体内へ取り込みます。
  • 水溶性シリカを多く含む植物は大麦やきびなどの雑穀です。
  • またひじきや昆布などの海藻、とうもろこし、じゃがいもなどの野菜になども多く含まれます。

 

このように水溶性シリカには、鉱物由来のものと植物由来のものの2種類があることを知っておきましょう。

 

シリカの危険性

 

シリカの種類 鉱物由来 植物由来

水溶性

安全

安全

結晶性

危険

 

結晶性鉱物由来の危険レベルは1とし、これは国際ガン学会で肺がん物質としてタバコ、ビール、ワイン等のアルコールと同様のグループ1に分類。したがって危険性はタバコやビールと同程度いうことです。
なお、実際問題としてこれは鉱山などで働く人が大量に粉塵として吸入した場合の発ガン性の可能性を指すものです。

 

シリカの副作用

 

ズバリ答えればシリカには副作用はありません

 

シリカの安全性は厚生労働省から認められ、お墨付きです。
従って、市販されているシリカ水、サプリメントにシリカによる副作用はないと言っていいでしょう。

 

危険性のまとめ

 

  • 水溶性シリカという点に注目してください。
  • 水溶性シリカであれば、鉱物由来、植物由来を問わず、安全です。
  • 市販のシリカ水は100%水溶性のものが使用されており安全です。
  • 何の心配いりませんので安心して飲むことができます。

 

シリカの安全性

 

  • シリカは安全性の高さが評価される健康成分です。
  • 実際安全性が証明された稀な成分の一つです。
  • 食品の安全性は遺伝子への影響と身体への毒性が問題となります。

 

シリカの安全性の証明

 

  • 医薬品GLP基準の安全性試験において、遺伝毒性がないと証明された
  • マウスを用いた試験によって経口摂取による急性毒性がないと判明
  • 厚生労働省から安全性を認められている。
  • 平成17年告示平成18年適用の食品衛生法において、「人の健康を損なう恐れのない事が明らかであるもの」として認知され、医薬品の添加物としても認可されています。

 

シリカのメッリト特徴

 

シリカは体内動態が明らかとなっている成分。
体内動態とは、成分の体内での動きの事です。
体内に吸収された成分が、その後どのように体全体に分布し、次ぎに代謝されて何時間後に体の外へ排出されるかといった一連の動きのこと。

 

正直にいって体内動態が判明している成分は稀です。
シルカは体内動態の判明により、成分の安全性や副作用のリスク、過剰摂取時のリスクがより明白に解明されています。
摂取されたシリカは血液中に吸収されてから、120分後に血中濃度がピークとなることが分かっています。さらに全身に循環し機能を発揮したシリカは、体内に蓄積されることなく6時間以内に尿と一緒に体外へ排出されます。

 

このようにシリカは過剰摂取した場合でも、体内に蓄積されず排出されるため副作用の心配はありません。

 

こんなに安全で効果が得られるシリカ商品を見てみる